境界線

相澤建設株式会社

前のページへ 次のページへ Topページへ
施工・管理

人が集まり、笑顔あふれる空間をつくる仕事。

私たちは総合建設という仕事に誇りを持っています。

1.現場第一で施工管理

ひとつの物件を完成させるには、職人さんをはじめ多くの専門家の力が必要です。

私たちは彼らが最高の仕事ができるように現場を采配し、見えないところも妥協することなく常に完璧を目指しています。

2.施主様との打合せ

様々な調整すべきこと。お客様の要望、技術的な問題、コストの壁。

オフィス、マンション、工場、店舗、住宅、それぞれお客さまの要望は様々です。技術的問題、コストの壁、様々な問題をクリアして、お客さまの求めるものを実現します。

オフィスビル、学校、工場では、使いやすさ、安全性、光熱費なども配慮します。

注文住宅では、家族構成の変化やお子さまの成長、長年のメンテナンスまで配慮します。

3.施工図の作成

一級建築士の設計に基づいて、基礎、躯体、内装などの施工図を作成します。

4.施工業者との打合せ、鉄骨などの資材の手配

図面作成・材料計算をして、発注します。

骨格により建物の強度が決まるため、入念に打合せをします。

5.基礎工事

地盤の強さ、建物の大きさに応じて基礎を決定します。

完成すると見えないだけに入念に確認します。

6.鉄骨工事

溶接、ボルト締結の強度は建物の耐震性に影響します。一つ一つ丹念に確認します。

7.配管・空調工事

完成すると見えないところは、一層入念に確認します。

工事が進行すると、予想されない変更に迫られることもあります。

その場で解決策を話し合い、指示をします。

8.内装・仕上げ

デザイナーの感性通りか、内装材の質感など細かなところも見ていきます。

9.最終確認・引き渡し

ようやく完成

お客様にお渡しする前に、入念に最終確認を行います。

出来上がった建物で、過ごす人の笑顔を思い浮かべながら、現場を後にします。