境界線

相澤建設株式会社

前のページへ 次のページへ Topページへ
相澤建設の人・職場
浅井拓登

浅井 拓登

浅井拓登
仕事で苦労したこと
終ってみれば「なんだ」ということも、その時はいつも大変でした。きっと大変だろうという思い込みがあったのですね。
一番苦労したこと
自分で作成する施工図の精度を高めることです。施工図が間違っていると工程、工期に影響し、周りのみんなが迷惑するからです。
そのためデザイナーが設計し、契約した後は4か月ぐらい図面にかかりきりになります。この図面を書く力は、自分で現場を見て、実際に経験して身に着けてきました。
この仕事の喜び
完成、引き渡しが終わり、施主様から「お疲れ様、ありがとう」と言われたときです。施主様とは、完成後も追加工事や保守などでおつきあいが続きます。
この業界は良い仕事をすれば、また次の受注につながります。
相澤建設に来る人へのメッセージ
最初は雑用ばかりですが、数年は勉強の年と思ってがまんして欲しい。数年経つといろいろなことができるようになり、仕事が楽しくなりますから。特に好奇心旺盛な人には向いています。
そういう人は現場に入る前にいろいろ勉強するので吸収力が違い、成長のスピードがとても早いです。
オフの日
6歳と3歳の子供がいるので、週末は子供と遊んでいます。今は、少し離れた現場なので、アパートで単身赴任しています。そのため週末に帰ると子供たちがとても喜んでくれます。
相澤建設とは
頑張れば認めてくれる会社、日々やりがいを感じています。
都築誠治

都築 誠治

都築誠治
苦労したこと
施工図を書くのにとても気を使っています。時間がないからと言って、いい加減なものを書くと、後でしっぺ返しが来ます。それも経験を積むことで、無駄なくスムーズにできるようになりました。
仕事で気を付けていること
コミュニケーションです。多い時は50人あまりの職人さんが現場で働いています。皆さん、経験豊富な技術を持っている反面、いろいろな考え方があります。彼らの意見をまとめ、お互いが納得いく結論に落としどころを持って行くようにしています。
皆さんプロなので、誠意をもって話せば、分ってくれます。
現場にいる時は、朝7時頃に現場に入り、6時には現場を終えるようにしています。
仕事の喜び
完成、引き渡しの時です。時には完成披露に呼ばれ、その二次会まで行くこともあります。自分が作った建物が増えていくのは、誇らしいです。完成した物件が、グーグルアースに写真が載ると必ず見ています。
心がけていること
一生かけても払えないような金額を背負ってつくっているだけに、日々真剣に取り組んでいます。いつもお金を払う立場になって仕事をするように心がけています。
オフの日
子供が9歳なので、週末は家族サービスです。今回初めて遠くの現場での単身赴任だったのですが、週末に帰ると家族がちやほやしてくれます。これもたまにはいいかなと思っています。
平原望未

平原 望未(本社 事務)

平原望未
苦労したこと
前職が接客業だったので、最初は建設業界特有の言葉に戸惑いました。でもわからないことは皆さんがとても親切に教えてくれるので、すぐにわかるようになりました。
仕事で気を付けていること
業者さんがとても多いので、顔と名前が一致するように一生懸命覚えています。普段は見積り作成や伝票発行をしていますが、手書きの字を読み間違えたりすると大変なので、気を付けて確認しています。
オフの日
「あおば」と「ふたば」という二匹の猫と遊んでいます。あとは友達とコンサートに行ったりしています。

職場

設計室

工務室

会議風景

会議風景

事務所

事務所

食堂

食堂

仮設事務所

仮設事務所

仮設事務所内

仮設事務所内

忘年会の様子

忘年会の様子

忘年会の様子

忘年会の様子

レクリエーションなど

会員、およびその紹介者のみが利用できる会員制リゾート施設で、全国に24か所あり、海、山、湖などの美しい自然や、テニスやゴルフ、スキー、マリンスポーツなどを楽しむことができます。